日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ

太陽光発電:公同教会の屋上に太陽光発電を設置しています  太陽光発電2016年7月8日〜7月14日:234kw 累計:64989kw

母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。
(競謄皀峠1章7)

 最近思わぬところで捻挫して、筋力の衰えを実感しました。これからは欲張らず、あるがままを受け止めて、おばあさんを楽しめますように。


◇“公同幼稚園”今日の写真だより
 今年も無事にほしまつりを終えて、今日もシャラシャラと短冊や笹の風に揺れる音が聞こえてきています。川沿いにもいっぱい小ぶりの竹が飾られています。いろいろ工夫のあるグループ展です。おかあさんたちのそれぞれの集まりで1本ずつ、子どもたちは学年ごとに1本を趣向を凝らして彩っています。
 ♪ささにたんざくたなばたまつり〜の歌声もあちこちから響き、園舎を超える竹を見上げたり、川沿いの飾りに少し触れたりなどもうしばらく余韻が残りそう。
 さてその川沿いですが、竹のみならず、今は実におとなの背も超えるほどのひまわりの成長。畑のひまわりは2本ほど花が咲きました。
 今年度は福音館書店の月刊誌母の友に「園だより」を執筆させていただいていますが、8月号はひまわりの話を。まさしく「今でしょ!」、今年は蝶々の旅立ちを実にたくさん見守りましたが、これも6月号で話題にしていました。毎年の決まったような光景とはいえ、今年も今年なりの風景がいっぱいに。一年の大筋は決まっているけれど、でもそこに今の生きた子どもがいるのですから今年の味わいがです。そんな毎日が進んでいます。

20日(水)幼稚園1学期終了
25日〜27日 公同子ども後川キャンプ
8月2日〜7日 合同子ども沖縄キャンプ
8月26日(金)政治・思想研究会/関西神学塾 「沖縄戦後民衆史・特別講座」第2回:愛の歴史学―民族と人々
講師:森宣雄先生 
場所:西宮公同教会集会室にて午後7時〜9時


◇“津門川”は、川魚、水鳥、200種類を越える雑草など、変化に富んだ表情を持つ川です。毎月1回、にしきた商店街、自治会、教会、教会学校、幼稚園などが協力して川掃除をしています。
◇7月の川掃除は3日午後12時から行われます

2016年07月22日
 いわゆる政治の世界の選挙には、いい思い出がありません。中でも、田舎の高校生の頃、母方の祖父の選挙(市長)で、トラックの荷台で“土下座”している祖父を目撃して、「(恥ずかしいから)止めて欲しい」と手紙を書きました。母は、そんな祖父(父親)の選挙に否応なく付き合うことになりました。何よりも悩み心苦しかったのは、おびただしい人たちに、「お願いします」「お願いします」と頭を下げ、確かに苦労をかけるのですが、その世話になったことに対して返すことができないというか、返しようがないことだったように思えます。
母の兄(伯父)も田舎の政 ……

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.