日本キリスト教団西宮公同教会・西宮公同幼稚園
教会について
礼拝・諸集会のご案内
小さな手・大きな手
公同通信
教会学校について
公同幼稚園について
どろんこと太陽
関西神学塾:スケジュール
関西神学塾:講師紹介
楽しい学習
賃貸住宅事業部とは
テナントについて
活動内容
アートガレーヂについて
催し物のご案内
リンク
アクセスマップ
お問い合せ

太陽光発電:公同教会の屋上に太陽光発電を設置しています  太陽光発電2018年12月1日~12月31日:949kw 累計:93524kw

母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。
(Ⅱテモテ書1章7)

 2019年1月もあっという間に過ぎ、2月を迎えました。寒さが身に染みる朝、澄み切った東の空に辺り一面、茜色に染まり、ゆっくりと陽が昇っていく美しい情景に見とれながら、今日一日穏やかな気持ちで過ごせますようにと、心で祈っています。


4日、立春です。この間、元日の朝だったように思うのに早い!園の冬の時間が進んでいます。おもちつき大会でおいしいおもちを味わい、年長の雪山遊びも全員出席の幸せな中に無事に終了。先日2日にはたこあげ大会、青空で穏やかな日差しもあり、でも爽やかな風も。それを受けて多くのたこがグングンと揚がっていきました。落語の「初天神」そのもの、おとうさんが夢中という姿もそこここに。そして武庫川の河川敷は今、菜の花の畑がお目見え、その周囲を菜の花たこあげリレーと称して自分のたこを持って走ったりもしました。恒例の大鍋での公同鍋も準備され、「おかわり」コールが飛び交うほど、温かいお鍋が美味しい。
 そんな冬の恒例の行事が続く中に、子どもたちの園での時間も多彩に彩られています。節分も楽しみました。お話からの遊びの展開、豆まき、おいしい「鬼」や「金棒」の海苔でのおにぎりと「おいしかった!」もいっぱいに。
 卒園進級が近づいてきます。先生がいなくても遊びが広がる子どもたちを見ながら、その成長にこのまま続けばいいのになあとも。でも確実に明日への思いを持つ子どもたちです。

◇1昨年10月よりしばらくお休みしていた丹波野菜市が、名前も新たに「にしきたあさいち」として再開しました。曜日も第一、第三金曜日に変更になります。またご利用ください。

2月は1日(金)15日(金) 8時45分~  

【特別講座】  
      「ぶっ壊れた社会をぶっ壊せ!!」

      武田砂鉄さん・栗原 康さん・森 元斎さん

      2月17日(日)午後2時~5時半頃 
      西宮公同教会チャペルホール 会費 1,500円



◇3月の川掃除 3月3日(日) 午後0時から(教会前集合)◇


にしきたを流れる“津門川”(つとがわ)は、川魚、水鳥、200種類を越える雑草など、変化に富んだ表情を持つ川です。毎月第一日曜日(雨天延期)に、にしきた商店街、地元自治会、地域の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などが協力して、20年前から川掃除を続けています。どなたでもご参加ください。

2019年01月28日
(前週よりの続き)
今、どんな未来が見通せるのか、不透明な部分が多いにせよ、南北は直接出あって対話をする一歩を相互に踏み出しています。そうした兆しが過去にもなかった訳ではありませんが、辺野古の座り込みに参加した「オモニ平和の会」のオモニたちにとっては、今までとは違う何かの「兆し」がそこには読みとれて、前掲のぬいとりの言葉、そのマイクからの叫びになったように思えました。
 「休戦」とは言え、戦争状態の重圧から少しでも解き放たれることになった、喜び・解放感が、単純かつ端的になっているとしたら、その実感は、なんと ……

Copyright (C) 2005 koudoukyoukai All Rights Reserved.